2011/07/18

南相馬に1週間行ってきました。

なんだかこんなブログしか書いてないですが。。。

先週1週間、南相馬にある障がい者の働く場のお手伝いに行ってきました。

南相馬といえば、福島第一原発から20キロ圏内の「警戒区域」、30キロ圏内の「緊急時避難準備区域」、30キロ圏外、さらに圏外だけど放射能が高い「計画的避難区域」の4つに分断された町だ。

もちろん、地震や津波の被害も甚大だったが、南相馬で一番問題なのが、目に見えない放射能によって町の先行きがまったく見通せなくなってしまったことだ。

僕がお世話になった法人も、震災前にいた職員40人のうち残っているのはたったの4人。
ここ数ヶ月の過労で体調を崩し、しかも梅雨明け後の猛暑で、僕が支援に入った2日目にたった1人残った男性職員が倒れてしまい救急車を呼ぶ事態にまでなっていた。
また、この法人のさまざまな施設で働いていた障がい者も半分は町外へ避難したまま帰って来れず、10人ほどは震災のショックや施設環境の変化に戸惑って、家から出て来れていないという。

テレビや新聞で、福島や南相馬の現状は知っていたつもりだったけど、やはり、その土地を訪れその土地で生きてきた人々に直接会ってみると、原発事故によってふるさとを奪われる理不尽さは想像以上だった。

しかし一方で、毎日毎日顔をあわせる障がい者メンバーさんに、僕はどんどん好きになっていった。
彼らはせまい職場で相当ストレスを抱えており、2日目には相当激しい言い争いの現場に立ち会ってしまった。
「やっぱり大変だ、これから大丈夫かな。。。」と不安を覚えたけど、翌日にはしっかりと顔を見せて、あいさつもちゃんとできていた。
日に日に変わっていく、というか成長していく若い彼らのそばに、もっともっと長く付き合って、彼らがなんとか自分たちだけの力で生きていくのを見届けてみたい、とまで思うようになった。

別れ際、職員さんに「せっかく福島まで来てくれたのに、遊べなかったし祭りも見れなかったし残念ね」と言われた。
たしかに、僕が見た南相馬は、漁船や家が未だに津波にさらわれたまま放置された悲しい景色だし、彼らが誇りにする野馬追という伝統の祭りは、DVDでしか見れなかった。
でも僕は、朴訥で、粘り強く、はにかむような明るさのある福島のすてきな人々にたくさん会った。自然や風土は堪能できなかったけど、出会った人々が福島のいい思い出です。
また必ず、会いに行きます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/26

釜石 希望の街

金曜日に代休を取り、2泊3日で横浜の弟と車で岩手県釜石市に行ってきた。

母方の実家で、子どもの頃に何度かと大人になってから一度だけしか訪問してなくて、街の記憶もおぼろげだ。
でも、おぼろげだけど、覚えている。古い古い記憶の奥。
高台にへばりつく家から見下ろす港の風景、漁港からただよう濃い潮の香り、新日鉄の製鉄所、昔は栄えていたという商店街、湾の向こうの観音様、親戚集まってバーベキューをした浜。。。

テレビや新聞で、あの日3月11日に釜石で何が起きたかは、知っていた。
しかし、実際に自分があの街に立ってみると、「知ってた」と思っていたことを遥に超える風景が延々と続いていた。
もうあの日から1ヶ月以上も経っているのに。「だいぶ片付いたなぁ」と、2週間前にも一度仙台から帰郷していた従弟が言った。
片付いて、これかぁ。
「なんとも言えない」「言葉にならない」と、ほんとに意味のない言葉しかでなかった。

幸い、急な石段を登った先にある母の実家は全くの無傷で(亡きおばあちゃんの選択は正しかった)、一時は死んだと覚悟していた親戚一同全員生きていた。
それだけでなんと幸せなことだと心から思う。
しかし、仕事を失い、街の行き先が見えない。どうやって、釜石の人たちはこれから生きていくのだろう。
尼崎に住む僕にはやはり、なんとも言えない。安易に言葉をかけられない。
せめて、また来るねとしか言えない。

次にこの街を訪ねた時、職場や学校は復興しているのだろうか。漁港で取れた美味しい魚を食べれるのだろうか。街に人は戻っているのだろうか。どんな街になっているのだろうか。
希望の街、釜石に期待をこめて、その日を僕は楽しみにしている。

Kamaishi1


Kamaishi2


Kamaishi3


Kamaishi4


Unosumai


Ryoishi


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/17

16年目の神戸

また巡りきた1月17日。

三宮の東遊園地で行われている阪神大震災追悼イベントには、毎年というわけではないが機会があれば行っている。(さすがに早朝5時46分はごめんなさいweep

16年前は。。。ああ16年!
16年前は箕面に住んでいたから、直接大きな被害を受けてはいなかった。関西に引っ越してそろそろ1年弱が経つにも関わらず、神戸に一度も行ったことはなかった。

だからなんだ、と言い訳にはならないのだが、こんな身近に、こんな大変なことが起きたのに、僕は結局一度も神戸などの被災地区に足を運ぶことなく、テレビの中の出来事として日々唖然としながらもそれでも日常生活を送っていたのだった。

なにも出来なかった自分。なにも行動を起こそうとしなかった自分。僕が当時ボランティアに駆けつけたことろで何が変わるか知らないし、それこそ自己満足に終わっていたかもしれないが、それでも今にいたるまで、ずっと後悔が、申し訳なさが、後ろめたさが、16年間くすぶっている気がする。

毎年1月17日に東遊園地に足を運び、竹筒の中に揺れるろうそくと、ろうそくの灯りに手を合わせる人々と、犠牲者の名前を刻んだ慰霊モニュメントを眺めては、「生きているだけ、生かされているだけで、なんてありがたいことなんだろう」と、思いを新たにする。

生きているだけ、生かされているだけで、なんてありがたいことなんだろう

。。。

生かされているだけでありがたいはずなのに、だらだらと生きていると、こんな生き方でいいのかと思い悩む、おろかな動物であることよ。
思い悩んで昨年末、2007年7月に立ち上げた小規模作業所を退職いたしました。
その後縁あり、新年から神戸は東灘区にある就労継続支援事業で働いています。ご報告遅れましてごめんなさい。
様々な障がいや性格や年齢や生活環境を持ったごった煮なかんじでたくさん集まって仕事をしていて、もちろん楽しいだけではないけれど、楽しくやっております。

10年ぶりぐらいの電車通勤、駅を降りると右手に六甲の山が間近にせまり、ゆるやかに海の手のほうへ20分弱歩いて通勤。
これまではちょっとよそ行きな気持ちで来ていた神戸、これからは毎日よろしくです。お手柔らかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/23

免許取れました。

12月7日から始まった免許合宿は、12月20日に卒業検定になんとか一発合格し、予定通り最短の14日間で無事に帰ってきたのでした。
そして昨日、明石の運転免許試験場にて本試験を受け、ついに、いよいよ、自動車免許をゲットしましたpass

この歳で合宿というのもどうかな、と行く前には不安もあったけど、結局、合宿でよかったなと思ってます。
その理由:

●14日間、最後の日曜日以外午前から夜までみっちり短期集中で学科と実技があった。
おかげで、学科試験の勉強もはかどったし、なにしろ苦手意識があった車の運転も、体が忘れる前に覚えていけた。

●教習所通いよりも8万円ほど安かった。
しかも、鳥取までの往復電車代、14日間の3食のご飯代に電気ガス水道など、諸々込みだったので、トータルでは家から通うよりさらに割安感がある。

●ちょっとした田舎暮らしができた。
人生初の鳥取県、遊ぶ場所にはたしかに欠くが、2週間暮らすには悪くなかった。徒歩10分で日本海、天気がいい日には雪をかぶった大山の姿、晴れた夜の星空はきれいで、こわいくらい流れ星が見えた。朝の空気のすがすがしい新鮮なにおい。
冬の日本海地方だけあって、どんよりとした曇り空に時々雨に雹に雷に雪にと、憂鬱な天気が多かったのは残念だが。

●普段出会わない人が観察できた。
この時期に免許を取りに来る人、若い学生集団やフリーター、職業不明、地元の高校生。普段の生活では接点がほとんどない人たち。仲良くなった人はあまりできなかったが毎日眺めて暮らすのも貴重だった。
若くてやんちゃな男の子たちって、若い女の子が一人でいたら必ず声をかけなければいけない、毎晩遅くまで部屋で騒がないといけない、勉強は極力直前までしない、というルールでもあるのだろか?

●鳥取観光ができた。
卒業検定前日の日曜日はもう授業がなかったので、一人で観光に行ってきました。倉吉駅からバスで行ける三朝温泉と三徳山・投入堂。
三朝温泉は、日曜日にも関わらず全然観光客が少なくて逆によかった。名物だという「河原風呂」は、橋や道路から見えてしまうのでさすがに入る勇気がなかったけど、他の温泉は気持ちよかったです。
投入堂は、最近ナイトスクープでやっていたのでたまたま知った、崖の中腹に立つお堂です。そのお堂に行くまでに山道がそもそも修業の道となっていて、冗談抜きで死ぬ思いでした。その分、投入堂に着いたときのありがたさもひとしお。
もし鳥取に行く機会があれば、ぜひ行ってみてください。ちなみに、・1人での入山は禁止(危なすぎて一人ではとても歩きたくない)、・スニーカーもだめなので、入り口でわらじを購入(木の枝をつかんで這い上がったり、鎖で岩を登ったり、両側が崖の細い馬の背を歩いたり、とにかく足に命掛かってます)。

Misasa


Nageire1


Nageire2


Nageire3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/16

免許合宿@鳥取

19歳でカナダにワーホリで住んでいた時に、さくっと簡単に取れてしまった車の免許。
日本に帰国後、カナダの免許書を日本のものに変更する実技試験で、S字カーブで脱輪(大)をしてその場で失格、後日改めて試験を受けに行き同じ場所で脱輪、後日また再び。。。その結果、「もう免許なんていらない」とトラウマ抱えて諦めて15年が過ぎ。

11月末で仕事を辞めたのを機に、一念発起して合宿免許に来ています。
仕事を辞めたら長期で久しぶりに海外に行きたいなぁ、と以前からぼんやりと考えてはいたのだけれど、いざ自由の身になってみても、全然旅心がうずかない。行きたい国も思い浮かばない(カンボジアやインドが候補になったけど)。
無職の身で新年を迎え30代後半を迎える自分を想像すると、旅心よりあせりと不安が先立ち、「あ、自分は歳を取ったな」と思ってしまうのです。

車の免許がないがために、やりたいのにできない仕事があるのはもったいない、ということで、旅はさておき車の免許を、安く、手っ取り早く、取ることにしました。
35歳以下でも再試験や延長料金を取らないという、たいへん珍しく貴重でありがたい制度があるのが、この教習所を選んだ理由です。

12月7日にここ鳥取に来て、今日ですでに10日目。
このまま順調に行けば、4日後の12月20日には無事卒業、後は帰って明石で学科のみの本試験に受かったら晴れて、15年越しのリベンジ達成まできてます。

あの時のS字カーブの恐怖心や、生まれもっての運動オンチも自覚してるし、ここに来る前はかなり不安だったんです。
いくら延長無料とはいえ、クリスマスも尼崎に帰れないかも。まさか新年を鳥取で迎えることにはなりゃしないか。

それがいざやってみると、コツさえつかんでしまえばS字もクランクも縦列駐車もそれなりにできる!
路上教習も、慣れてくるにつれて車を自分で運転できる楽しさが分かる!
しかも!
合宿3日目から受けている仮学科試験の模試、仮学科試験、卒業試験学科の模試と、今まで受けた試験、全て90点以上を取って合格してるんだけど、それってかなり、か・な・り、大したことらしい。職員さんにも珍しがれてます。
年間2000人弱やって来る教習生のうち、最初の試験から一度も不合格にならず卒業模試も一発合格になるのは、たった数人しかいないらしい。
ということで、今日、賞状と記念品を贈呈されました。うはっ。

毎日朝から晩まで学科や技能の教習を受けて、空き時間に食堂で飯をかき込んで残りの時間は教科書にかじりついて1ページから最後のページまで2日で一気に頭に詰め込んで、あとはとにかく問題を解きまくってストックをどんどん溜めていく。
詰め込み式の受験勉強みたいでそれ自体はたいして意味のないことではあるけれど、一方でこの短期集中で脳みそをフル回転のアドレナリンハイな状態が、嫌いではないことを、久々に思い出した。
鬼気迫る勢いでやっていた大学受験を、思い出した。

しかしまだまだ油断は禁物。
気が緩みは事故のもと。
大雨にひょうに雷に雪、たまに快晴とびっくりするくらいめまぐるしい冬の山陰の天気で、体調を崩してもだめだし。

残りあと4日、とはいえせっかくの人生初鳥取なので、すがすがしい空気やのどかな風景を、もうちょっと楽しんできます!

Daisen

Nihonkai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/11

尖閣問題で思うことろ。

久しぶりのブログ、なんだか今は黙っていたらいけない気がして。

日本は、かの中国と違って、少数意見だろうが間違っていようが表現の自由が保障されている国だと信じ、言いますが。

今回の尖閣諸島のビデオを流出させた海保保安官を、「正義のヒーロー」だの「月光仮面」だの、擁護する意見が圧倒的に多いようだ。
たしかに、菅内閣の外交姿勢は弱腰で説明不足で責任の所在が曖昧で、このビデオがそもそも国家機密にしてしまったのには問題があったとは思う。基本的には、情報はオープンにしなければちゃんとした議論もできやしない。

それにしても、なんなのだろう。この保安官を英雄視する異様な雰囲気は。
はっきりいって、うすら恐ろしい。
悪代官の菅・仙石に対する義憤の英雄に拍手喝采を送る、「よくぞやってくれた!」と。
しかし。
本当に「よくぞやってくれた!」で、いいのだろうか。。。

民主党政権だろうと、いやだが将来的に再政権交代が起きて自民党政権だろうと、今後も外交では様々な問題に直面する。
中国はもっと経済力・軍事力をつけ、ロシアも極東に力を入れるだろうし、北朝鮮はアレだし、そう、忘れてはいないがアメリカとの安全保障は普天間返還問題があり難しくなるだろう(僕は辺野古移転に反対です)。

難しい外交問題での政府のやり方が気に食わない。
国民に不満がたまる。
当然、最前線にいる海保や自衛隊の内部からも不満がたまる。
そのうちの誰かが国家機密を暴露する。
国民は「よくぞやってくれた!」
それでも(自分たちが選挙を通して選んだ)政府のやり方に気に食わなくて、国民に不満が溜まり、(選挙なんて面倒くさい手続きを踏まずに)海保や自衛隊が、つまりは軍隊が実権を握り
「よくぞやってくれた!」
なんて、まさか、万が一にもそんなことにならければいいのですが。
それこそみんなが忌み嫌っている、軍事国家ですから。
(自民党政権に戻ったら、「強腰」外交になるからこんなことも起きない?)

それにしても僕は知らなかった、世の中は国益ってものにこれほどまでに血眼になるものだということを。
国益が犯されたら、けんか腰になってでも守らなければならない、いざという時は戦争を覚悟してでも守らなければならない、そういうものだったということを。
では戦争になったら、国益は守られるのでしょうか。国益が守られて、その国民は幸せを享受するのでしょうか?

そこまでの最悪の状況までいってしまったら、きっと僕みたいな「国民」はそもそも「非国民」とされているんでしょうが。

日本はまだ、少数意見を持っていても生きていける国だと信じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

気に効くクスリ

病は気から、とはよく言ったもので、夏あたりから落ちていた気がこの2週間ほどでダダ落ちしてしまい、底をついた昨日の夜ついに風邪の初期症状に見舞われた。
葛根湯飲んで早めに寝たら治ったものの、体は正直だ。

これまではストレスはうまくスルーしてきた、と思ってたんだけど。
どうやらスルーしきれなかったストレスの滓が知らず知らず溜まっていたみたいで、溜まった滓が知らず知らず発酵して毒素を発してたみたいで。

人の性格は何歳からでも変えられる!と思い込むようにしてたけど、何歳からでも変えられるのは主に環境で、人の性格の核心はやはり変わらないんだなぁ、と悲しく諦めため息が出る。
変えたいとは思ってるんだけどね。。。。

こんなほとほと嫌気がさすような秋は、読書の秋でもあり、心底信頼している作家の小説を読むことでどれだけ救われていることか。

角田光代の『ひそやかな花園』と吉田修一の『長崎乱楽坂』。

読み終わった後はもちろん、何日も後にふと物語を思い出してはその世界に浸り一瞬現実世界を忘れさせてくれる。
現実世界を忘れさせるだけなら他の作家の小説でもできるけど、この二人の小説を読むと、辛く感じることもある現実社会で「よっしゃがんばるしかないか」と力を与えてくれるのだ。

この冬までには、人生の次のステップ踏み出せるだろうか。
楽しみであり、ほんのちょっと不安でもある。

それにしても吉田修一、こんなにどんぴしゃとハマる小説がまだ残されていたなんて、ますます信頼できますわ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/06

近況です。

ここのところ、いろいろと動き回っていた。
I'm busy というよりは I keep myself busy、 体を動かしていないと、頭がでっかちになりそうで。

仕事とプライベートが交互にありながら、この1週間はこんな感じ。
●MOVIXあまがさきにて3D映画「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」を鑑賞。
●甲子園球場ライトスタンドにて阪神を応援、2年以上ぶりに六甲おろしを歌う。
●作業所メンバーさんの誕生日会、バイキングなのでとにかく飲み食い。
●鳴尾浜球場にて阪神2軍の試合を視察、先発杉山ぴりっとせず、久しぶりに葛城&高橋(光)を見る。
●2003年から毎年見に行っている尼崎戸の内のエイサー、今年も大いに大いに楽しむ。
●自称コアなファンのTと梅田でMr.Childrenのドキュメンタリー映画「Split The Difference」(2000円)を鑑賞。
●その間、道尾秀介の「向日葵の咲かない夏」を読む、こういう小説が売れてるのなら、僕は売れない小説が好きだと自覚しつつ。

そして仕事では、3年を過ぎいよいよ来るときが来たという感じ。
本当はもっとそのことに真正面から向き合わなければならなかったのだけど、それをするには今の自分は弱すぎて、結果、こんなに避けるように忙しく立ち回っていたのかも。
自分の弱さを認め、それを克服すること、の、なんと心重たいことよ。

***

それはさておき、吉田修一原作の映画「悪人」が、いよいよ今週末公開されます!
吉田修一(および角田光代)の小説体験は、時に鳥肌や寒気や息苦しさをともない、それはその小説を読んだ何年も後でも、いつでもどこでも、呼び起こされる、特別なものなのです。
たとえば吉田修一の「パレード」や角田光代の「八日目の蝉」がそのような小説で、今年それぞれ映画化・ドラマ化され、改めて小説とは違う感動があったのです。
そしていよいよ吉田文学の金字塔「悪人」ですよ! 楽しみすぎてカウントダウン始まります。あと5日後!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/18

今年の夏も関東で家族めぐりの旅

関西の夏の厳しさに慣れたから、関東は意外と涼しいものだと勘違いしていたが、このお盆休みは例外的に涼しかった、ということらしい。
仕事が再開されてからのこの猛暑よ。体温よりも熱い空気を吸って仕事をしてて、身の危険をいよいよ感じ出すようになった。

先週のことなのに、だいぶ前のことのように思える関東旅。去年に引き続き、大変濃い旅と相成りました。

●11日
2年前の弟の結婚式で約20年ぶりに再会した小学校1~2年の担任だったM先生と、みなとみらいでランチをいただく。
家族のこと、さまざまな人間関係、仕事や将来への不安やなんやかや、生きていればぶつかりそして乗り越える壁。
そんな壁にぶつかり乗り越える前の、それはそれは純真だった(?)6~7歳の僕を2年間面倒みていただいたM先生と話をしていると、ふと自分が、まだこれから学ぶことがたくさんあるまっさらな一生徒に戻った気分になる。それは、とてもわくわくと希望に満ちた気分でもある。
M先生は、かつての教え子とこうして今でも会えることがとても幸せだとおっしゃっていたが、まるきり同じように、かつての先生に大人になって壁と格闘している今会えることが、僕にとっても大変幸せな時間でした。

夜はいつものAと、スウェーデン帰りの懐かしいMと合流。
Mが住むファンキーなアパートメントは、海外のしゃれたユースホステルを思い出させる、いろんな人種が入り乱れる不思議で、でも居心地のいい住空間。
密なルームシェアとは違って、個と公共のバランスを自分の都合にいいように取れそうな気がする。20代の頃なら猛烈に住みたかった場所だ。
初対面の住人交え、夜深く酒深く。。。

●12日
目指すは千葉県流山市。20数年会っていない父が暮らす町。伊豆の実家とも何年にもわたり音信不通になっており、去年ついに父の父(僕の祖父)が亡くなりお葬式をした後でやっと見つかったのだ。

旺盛な好奇心、どこへでもふらっと行ける身軽さ、しかし土壇場では臆病な性格。
これらが交じり合い、父が住むアパートを見つけたものの、閑散とした駅前広場やアパート周辺をとにかくうろつくこと数時間。ストーカーだ。
偶然会って声をかけられたら話をしてやってもいいけど、自分から姿を現すことはしたくない。きっとこのやっかいなプライドは父譲りなんだろう。

チラシがたまったポストやカーテンが閉め切られたベランダに転がるダンボール箱からは、そこに誰かが生活している空気が全然感じられず、きっと今も父は不在なのだろう。
諦めて帰るためだけに、その不在を最後の最後に確認するためにインターホンを押すと、「はい」と声がする。
20数年ぶりに聞く声は、60歳近い男のその声は、今の僕の声にあまりにもそっくりで、まるで将来の自分の声をインターホンから聞いているみたいだった。家族から逃げ仕事に失敗し生活保護を受けて暗く閉め切った部屋でぽつんと座る、将来の自分。
怯えた僕はもちろん、返事を返すことなく逃げるようにアパートを去った。

「なにやってるんだ、しっかりしろよ」と情けないしみったれた気分がしばらく抜けずにいた。
『どんな人生送ってきたか知らないが、こそこそ逃げずに清々堂々と生きろよ、僕の父なんだから』という気分と、『せっかくここまで来たのに、結局会うこともなく怖気づいて逃げやがって、情けない自分』という気分。
ああ、なんだか心残りのある、似たもの父子の壁越しの対面だった。
きっと違う形で会う日が来ることを信じて。でもそもそも今さら父に会いたいのか?それは疑問のまま。

夜は再びMのアパートにお世話になる。
住人ではないのにバースデイパーティに勝手に参加して、アメリカ人やオーストリア人や日本人とワインを飲んだくれて、晴れない一日の最後はぱーっと気が晴れた。
サンキュー、M!

●13日
去年と同様、弟や幼馴染のI一家とのバーベキュー。
しかも今年は、去年生まれた赤ちゃんが増え、さらにもう一人の弟とその相方さんまで!
結婚式以来の3兄弟そろい踏みの、なんとも感慨深い風景。
だって、30過ぎの男3兄弟がバーベキューで集まるなんて、しかもそのうちの長男ときたら、中学生からずっと母や兄弟と断絶しつづけたんだから、人生って不思議なものです。
家に父がいないのならば長男の自分がしっかりと頑張らなければ、という思春期入り口の空回りが大暴走をして自分も家族もずたずたにして、以来古傷のように残っている、「家族に迷惑をかけて申し訳ない」という罪の意識も、この頃はだいぶ少なくなってきた。
すっかりそれぞれ好き勝手なばらばら家族だけど、皆それぞれが幸せならばばらばらでもなんでもいい、心からそう思う。独身だろうと新婚だろうとバツ1だろうと、それぞれ幸せならば。

来年か再来年か10年後かは分からないけど、また会える日を楽しみにしています。
どうかその日が来るまで、これまで同様、あるいはこれまで以上に、ばらばらな3兄弟が、そしてその3兄弟を産み育てた金沢の母と、顔さえおぼろげにしか覚えいない流山の父でさえ、それぞれに幸せな日々を送っていますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/16

2010夏の総括、の前

今年の夏も去年に引き続き関東方面へ行ってきた。
まあ濃密だったこと!
この3日間が濃密すぎてまだ消化できずにいるのと、関西戻ってきた日からまた猛暑がぶり返してきたせいで1週間の遊び三昧のツケがまわってきてるので、ブログにまとめるのは後日ということで。。。

それにしても、暑い。
関東滞在中はたいてい曇ってて、夏らしくなくてなんだか物足りないわ~、など余裕ぶってたが、暑けりゃ暑いで
大変。
それでも決して今宵の熱帯夜もクーラーなしで過ごす!これが健康の秘訣!という決意というか、意地というか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«瀬戸内への一人旅 小豆島と豊島