« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005/05/25

フラッシュバック

春めいた季節のせいだろうか、それとも疲れているのだろうか。
最近とにかく眠い。

朝は起きれないし、昼は仕事中にうとうとしかけるし、夜は本を読むまでもなく落ちる。

今日の仕事は、10ページほどのマニュアルのイタリア語、オランダ語、ベルギー語、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、フィンランド語、ロシア語、ウクライナ語訳の中に英語が紛れ込んでいないかをチェックするという、まるでお経を読むようなことをした。

マイナー言語になるに比例し眠気は増し、フィンランド語で最高潮だった。

そんな時、ふとトリップする。
最近そんなことばかり。

昨日は一瞬、タイのビーチにいた。目をあけると、デスクに座っていた。
今日はフィンランド語を目で追いながら、ある懐かしい風景が目の前に広がっていた。
我に返ってみると、その懐かしい風景はなんだったのか、すっかり思い出せない。

GWと夏休みの間のこの時期、こうして旅して何かから逃げてる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/12

前に進む

昨日の夜、知多半島にある「ふわり」という障害者事業所に出向?研修?修業?に行っているHがやっとのこと遅れて家にやってきた。
(マジ怒ってないですよー!!)

そこらにある(うちのも含めて)会社でもやっていないような人事評価システムやピラミッド型組織の話は、ビデオや人づてに聞いたことはあったが、改めて関心しまくり。
NPOにもコンサルが入っていたとは、、、

いやべつに、システムがあるからすごいのではない。
大きな目標(障害が地域でイキイキ暮らせるようにetc)を達成するためにはどうしたらいいか、がなにより基盤にあり、その目標を現実化するためには、スタッフのモチベーションをあげたり、組織と自分とのかかわりを意識化することが重要となる。

「なんのために自分はこの仕事をしているのか」というプロ意識が、仕事をする上で大事なんですね。
福祉団体がやっているから新鮮に見えるけど、でもどんな仕事であろうと関係ない。

僕はなぜ、この会社で働いているのか。
ここで何をすべきか。

考え出すとやはり戻ってしまうのは、「ほんとにこの会社で、この仕事でなくてはならないのか」という根本的な疑問。
はあー、っと一人ため息。
でもでも、次の一歩がまだ見えないんだよね。

「地球のステージ」のRさんのブログを初めて覗いてみた。
なんと、絵本を出版するとのこと!
前に園田でちらっと会った時、そんな話を聞いていなかったからびっくり。

自分の道を進む人って、きらきらだ。
本人はきっと、他人には計り知れない不安や悩みを抱えているのだろうけど。きらきらしてる。

きらきらしてぇ~!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/10

j-pop notes

Def Techの1stアルバム、「My Way」が4/11付以来、5週ぶりに首位返り咲きを果たしたそうで。

「4週以上の間隔をあけてのアルバム首位返り咲きは、t.A.T.u.の『t.A.T.u.』(2003/6/2付・6週ぶり)以来、1年11ヵ月ぶり。邦楽アーティストとしては、Mr.Children『Atomic Heart』(1995/1/23付・18週ぶり)以来、実に10年4ヵ月ぶりのこと。」(by Yahoo)

僕がこのCDを買った3/11にはまだベスト10入ってなかったから、息の長いヒットになってきた。
これって「先見の明」ってやつですか~?(自画自賛)

そういえば、Mr.Childrenの新曲「よーいどん」が最近よくFMで流れてる。
なんだかデビュー当時の初々しいメロディーと歌詞で、29歳の私には胸にちくりと刺すような恥ずかしさ、でも意外と好きなかんじ。

それよりも、最近は安室奈美恵の爆走っぷりにすっかりやられてます。
歳新曲の「Want me, Want me」は、Missy Elliot風のオリエンタルなビートの繰り返しが気持ちよすぎ。
802でもさすがにそろそろ、解禁してもいいので?なぜBoaはよくて安室はだめなんだ?

Going Undergroundの中古、どこかで売ってないか探してみようかな。
今更ながら「アゲハ」が頭に残ってたまにヘビーローテーション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »