« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/30

年の結びのご挨拶

2009年が終わろうとしている。
つい最近、2008年を振り返ったばかりのような気がする。
「あっという間に1年が過ぎ去ってしまう」と、唖然として年越しを迎えるのが30過ぎの例年行事のよう。

今年はどんな1年だったんだろう。
5年半のルームシェア生活に終止符を打ってワンルームへの引っ越しで幕を開け、幕を開けたまま物語が一向に進展せず新しい登場人物も表れることなく、あっけにとられたまま幕を下ろす、そんな1年だった印象だ。
隣りの芝生が青く見えるわけでは全然ないが、隣りの劇場では結婚したり子どもが生まれたり夢に向かって進んでいたり、なんとも賑やかで華々しいストーリーが展開しているざわめきが漏れ聞こえるのに。

仕事にしろ人間関係にしろ将来への展望にしろ、外へ向けて推し進めるエネルギーは引越しの達成でしぼんでしまっていたので、じっくりと眺めてそのまま手をつけずに安泰を選んでしまった。
かといって、ネガティブに気分で生活してたかというとそうでもなく(たまに息ができないほど苦しい時もあったにもかかわらず)、凪のような穏やかな日々だった。朝起きて仕事してコープさん寄って買い物して自炊してテレビ見てネットして読書して寝て朝起きて。。。

お寺や神社、山や滝、仏像とか仏教的な思想、そんなものに自然と惹きつけられることが多かった。
大きな夢や幸せはいらない、小さく小さくまとまって、その代わり苦悩も不幸も小さく小さくなあれと願う、そんな一年だったのかも。

来年は、とにかく健康第一で、身近なちいさな幸せを逃さないレーダーを磨いていきたいものです。
よい新年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

赤星ショック

阪神ファン暦3年ほどの僕でも、これは大変に衝撃的なニュースでした。
今日、赤星選手が現役引退を表明しました。

調べてみたら1976年4月10日生まれで僕誕生日が2週間ほどしかかわらない、身長だってわずか170センチ、なのに盗塁王、そして盗塁の数だけ車椅子を寄付、ヒーローインタビューで野次にキレたり、優勝してレーザーラモンHGになったり。とても身近に感じる、人間的で、それでいて尊敬できる「レッドスター」だったのです。

まだまだこれから先、長い野球人生があるはずだったのに、もっともっとがんばってほしかったのに、、、とは思う反面、野球人生よりも大事な一人の33歳の男性としての人生が、脊髄の怪我で脅かされるのであれば、とにかく今はその治療に専念してください、としかいえない。

本当にお疲れ様でした!させてくれて、どうもありがとう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »