« 懐かしい戦友のような人たちとの再会 | トップページ | 普天間移設問題 »

2010/05/03

大阪ベイサイクリング&六甲マウンテンハイキング

じーっとしていられない性格だ。
天気がいい行楽日和に室内にいられない質だ。

世の中連休だからこそ、仕事をしたり勉強をしたりする勤勉な人たちには申し訳ないが、やはり僕は遊んでしまう、たとえ一人でも。
10年後20年後に後悔する蟻かもしれないという自覚は心の片隅に持ちつつ。。。

この日曜月曜で小豆島に行こうと思い立ち、宿を調べルートを調べ行動計画もぎりぎりまで練ったが、当然というべきかすでに手ごろな宿はなかったので断念。
ちなみになぜ小豆島かといえば、ドラマ「八日目の蝉」のロケ地だから。

ということで日曜は大阪ベイエリア、舞洲&天保山をサイクリング。
舞洲は、幻の大阪オリンピックの会場として埋め立てられた島ということで、異世界なごみ焼却場とひろびろとした贅沢な空間が、懐かしい近未来な感じだった。

Maishima_gomi

Maishima

地図を眺めていたら、ユニバーサルスタジオ裏の桜島から天保山に向けて「渡船場」なるものを見つけた。
USJが目の前にあるとは思えない下町情緒な一角を抜けると、果たしてそこに渡船場はあった。
これ、自転車ごと乗り込める無料の渡し舟なのだ。
USJスタッフと思しきハイテンションな外国人4割、自転車に乗った観光客3割、買い物か暇つぶしか地元民おっちゃんおばちゃん3割、とみた。
それはそれは平和な1分間の船旅で、ほんの少し、ほーーんの少し、小豆島に行った気分になった。

Watashibune


今日は六甲山ハイキング。
阪急御影駅から住吉道を登って六甲山最高峰(931m)を通り、有馬温泉まで下るルートで、およそ13kmを4時間半ほどで歩いた。
今まで何度か六甲山系は歩いてきたが、実は六甲山最高峰に来るのは初めて。有馬は車か電車でしか来たことはなかった。なんとなく、歩いて行くのは遠い気がして(当たり前か)。

確かに4時間半のハイキング、しんどくなかったといえばウソになるけど、しかし思ったよりもハードではない。
山頂からの景色は風吹岩や摩耶山からみた景色より当然広々としていたし、なにより有馬温泉は疲れた体を癒してくれて、爽快で気持ちよかった!

Rokko

今度の土日に小豆島に行くつもりだったけど、近場ながら海と山を堪能してしまったので、今はペンディングとしておく。
20代前半なら海外へ、20代後半でも沖縄に、ぱっと思いついたらえいやと軽々と旅立っていたのに。。。なんて振り返らない振り返らない。。。だって今は今で本当に楽しんでいるから。


|

« 懐かしい戦友のような人たちとの再会 | トップページ | 普天間移設問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14557/48258833

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪ベイサイクリング&六甲マウンテンハイキング:

« 懐かしい戦友のような人たちとの再会 | トップページ | 普天間移設問題 »